どんな鍼を使うの?太さ、長さ、消毒は?


鍼、シャーレはすべてディスポ(使い捨て)を使用しますので、感染の心配はありません。太さは髪の毛ほどの細い鍼で、何種類もあります。長さは3~5センチほどです。

消毒は、綿花で刺す部位を消毒し、施術者である私の手も消毒します。

どんなところに打つの?場所、本数、時間?


身体に刺す部位は、症状にもよりますが、お腹、背中、足、手、首、顔、頭など。

1回の治療の鍼の本数は10本くらいまで。(美容鍼は20~30本くらいですが)

時間的には、お灸も含めて、実質30~40分くらいです。

鍼とお灸には、薬のような副作用もありません。痛み(ひざ痛など)にはお灸がおすすめです。

 

痛くなる前の予防鍼灸がおすすめで、週に1回か隔週に1回などで、風邪がひきにくく治りやすい身体になります。身体の調子が良くなると、気分も楽になりストレスが少なくなります。それが免疫力を上げ、病気予防につながります。

 

ガンなどの術後のケアとして痛みや免疫力を上げるために、鍼やお灸がおすすめです。

着替える場所は?痛みはあるの?お灸の跡は残るの?こんな症状で悩んでる…


一人ずつ、区切ってあるスペースがありますので、そこで着替えをしていただきます。

鍼を刺す時に、場所によってはチクっとするときもありますが、痛みのない、浅い鍼をめざしています。

お灸は、跡が残らないような施術をしますので、安心してください。熱さも加減ができます。鍼が怖い方は、お灸のみでも。

肩こりや腰痛、頭痛、それ以外の何となくだるいなどの症状など、ご相談ください。

鍼やお灸をしてみたいけど、身体のこととか病気のこととか相談したい方には、有料の相談を承っておりますので、そちらでご相談ください。

治療での様子


手や、足、背中などに施術しますので、腕、足、背中が出せるような服装をしていただきます。ハーフパンツなどをご用意しています。

治療内容によりますが、だいたいの通院回数などをお知らせいたします。